矯正歯科|交野で歯医者、矯正歯科のことなら楠元歯科医院【河内磐船駅前】

矯正治療の基本的な理念

大阪府交野市・医療法人 楠元歯科医院

当院では一般歯科治療と同様に「もし患者様が自分の家族であればどのように治療方針をたて、治療を行っていくか」を考え、矯正治療を行っています。
矯正治療のゴールは必ずしも一つではありませんが、無駄な治療はせず、患者様とご家族に負担をなるべくかけないように注意し、出来るだけ治療期間が短くなるように治療方針をたててまいります。

どんな装置を使って
矯正治療するの?

大阪府交野市・医療法人 楠元歯科医院

当院では表側から見える矯正装置はもちろん、人からは見えない矯正装置(裏側の矯正装置)で治療することも可能です。
また、小児矯正では骨の成長をコントロールする装置のみならず、患者様に適した装置を選択することで、なるべく負担をかけず、効率的な治療が行えるように致します。
それぞれの装置にも利点・欠点がありますので、しっかりご説明したうえ治療に入ります。

矯正治療はよいことばかり?

大阪府交野市・医療法人 楠元歯科医院

矯正治療は人の一生を左右する大切な治療です。矯正治療を行うことで、機能的に咬む、話すことが可能となり、美しい歯並びを手に入れることで、すばらしい笑顔を得ることができます。
ただ、良い面ばかりではなく下記に記載しました6つの注意点もあります。

  • 矯正治療は一部を除き自費診療であるため、治療費が高額であること
  • 患者様によって様々ですが、一般的に矯正治療には歯を動かす痛みがあること
  • 治療法が多様化しており、患者様の立場としてどの治療法が最適かわかりにくいこと
  • 適切な治療時期がわかりにくいこと
  • 歯を抜いて治療しなければならないのか心配であること
  • 医院によって治療費が違うため、一度治療を始めてしまうと転院が難しいこと

矯正治療を専門的に行う
歯科医師とは?

大阪府交野市・医療法人 楠元歯科医院

矯正治療は歯科の中においても特殊な領域とされ、正確な知識、確かな技術を得るため、長年の訓練とそれに伴う経験が重要です。その指標となるのが日本矯正歯科学会の認定医制度ですが当院ではその認定医が常勤として在籍しております。

日本矯正歯科学会(認定医制度)

将来を見越し、充実した
矯正治療を行います。

大阪府交野市・医療法人 楠元歯科医院

矯正治療を行うには成人に対する矯正治療ができる知識・技術があることが必須です。小児矯正で矯正治療が終了することはごく一部です。
「小児矯正は成人矯正をスムーズに行う前準備である」ととらえることが矯正治療では重要な考え方となります。
乳歯がある時点での矯正治療は骨の成長をコントロールすることで永久歯の歯並びを整えやすくするのに必要です。小児矯正は時には必要なものですが、きっちりとした咬みあわせを作るという観点からすると、小児矯正で矯正治療が終了することはほとんどなく、永久歯に全て萌え代わった後に治療を行う成人矯正が必要となります。

特に床矯正(小児の時期に歯列を横に広げて治療を行う方法)のみで矯正治療が終了する患者様はごく一部です。床矯正装置だけで治る患者様もごく少数いらっしゃいますし、床矯正装置は小児矯正にとって簡便で便利なツールです。しかし、きっちりした咬み合わせを作ることができない可能性が高く、永久歯に萌え代わってからの成人矯正治療が必要であることをしっかり患者様にお伝えしなければいけません。そうしなければがんばって装置をつけた治療期間と費用は無駄なものになってしまいます。
小児矯正を行うことは後の成人矯正を考えると非常に重要であると考えられます。こういった現実をふまえ、「治る装置は着ける」「治療期間をいたずらに延ばしてしまう装置はつけない」ことを念頭におき、当院では最終的な咬み合わせを見定めて、小児期に行った矯正治療が有効になるとように治療方針を設定致します。